小樽雪あかりの路21は、2019年2月8日(金)〜17日(日)の
開催となります。みなさまのご来場お待ちしております。

雪あかりの路プチレポート2018

最後の週末となりました。

今年も市内の団体さんはじめ日中韓の合宿チームや高校生ボランティアなど多くの皆さんが会場づくりを行ってくれています。一般のボランティアさんも1時間でも2時間でもいつでも受付してます。
今年からは有料ですがレンタルウェアと長靴と用意してますので、小樽観光の際にはぜひ一緒に雪あかり体験しましょう。日中はオブジェづくり夕方は点灯・維持管理など作業は様々。色々な方々との交流も沢山出来ます。受付は市立小樽美術館内のボランティアルームです。

最後の週末となりました。

風が吹くとロウソクの灯りは揺れます。

それもまた電灯にはない味となっています。

image180CLICK HERE!動画を見る

期間中、小樽の色んなお店や商店街で小さな明かりが灯されます。

お店のまちに対する思いの深さ、協力度、心の余裕などを感じます。雪あかりの路ではこのようなお店は是非ご紹介したくなります。

手宮線会場 雪の華灯りとふくろうの森②

手宮線A会場 建築士会「雪の華」、「フクロウの森」は必見です! 星やキノコも登場です。あったかいお休み処もあります。

町内会とマンションの住人さんで協力して雪あかり

住民の仲がいいって良いですよね。地域のコミュニティづくりにも雪あかりは役立っています。
image152

運河会場

小樽を代表する人気の観光スポット小樽運河。
季節ごとに様々な表情で迎えてくれる運河は今“雪あかりの路“メーン会場として、無数の灯りに包まれ、一年で最も美しく輝いているように感じます。
あいにくの悪天候で来場を見合わせていた方も多いと思いますが、この週末から最終日にかけては、気温もやや暖かめで推移しそうとの予報。より多くの方にご来場いただき、観て触れて楽しんでいただきたいですね。
(撮影:松下敏彦)

街かど美術館

雪あかりの期間中、小樽の街中には色んな灯りがともります。それはさながら街かど美術館。あちこちに小さなかわいいアートが溢れます。

浮き玉キャンドル点灯作業

小樽雪あかりの路のメーン会場の一つ、運河会場では毎年浮き玉キャンドルが幻想的な明りを灯します。雪あかりの路の点灯時間は午後5時からですが、午後4時ごろから4時30分ごろまでは運河で浮き玉キャンドルの点灯作業を目にすることができます。(日によって時間は前後します。)
運河会場の混雑が始まる少し前、浮き玉キャンドルの点灯作業をみるのも、より雪あかりの路を楽しむ一つの方法です。
(写真・文:眞柄 利香)

浮き玉キャンドル点灯作業

朝里川温泉会場②

朝里川温泉会場!
今年からメーン会場になった朝里川温泉会場。雪あかりの「裏名所」である川の会場です。今年はキャンドルで照らされた迷路が登場! 是非朝里会場で癒されてください♪

N合同会社制作の雪あかりの路の動画

N合同会社制作の雪あかりの路の動画です♫
是非ご覧ください!

image093

[CLICK HERE!]動画はこちら