小樽雪あかりの路23は、2021年2月6日(土)〜13日(土)の日程で開催いたします。※但し、新型コロナウィルスの感染状況等を踏まえたうえ、最終的な開催可否の判断を今後させていただくこととします。

「伊藤整のゆかりの地」塩谷会場

「伊藤整のゆかりの地」塩谷会場

「伊藤整のゆかりの地」塩谷会場

「伊藤整のゆかりの地」塩谷会場

「伊藤整のゆかりの地」塩谷会場。(2月4日(土)、5日(日)開催)
伊藤整は「小樽雪あかりの路」の名前の由来でもある、詩集「雪明りの路」の作家です。
今年も会場となった塩谷の伊藤整文学碑前広場、海を見下ろすゴロダの丘は幻想的な灯りに包まれました。地元の方たちが作りあげている会場の温もりが、多くのアイスキャンドルを一層綺麗に魅せてくれます。こちらは小高い位置から会場を見渡せるので、優しく付き添そわれ、その場から眺めている高齢者の方も何度かお見かけし、心も温かくなりました。(撮影・文 ErikoNakatsu)

Comments are closed.