小樽雪あかりの路21は、2019年2月8日(金)〜17日(日)の
開催となります。みなさまのご来場お待ちしております。

「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場②

2月10日、11日の二日間、地元塩谷の皆さんの手による雪あかりの路がゴロダの丘で開催されました。「小樽雪あかりの路」は伊藤整の詩集「雪明かりの路」にちなんで命名されたことは有名ですが、伊藤整が幼少期から青年期までを過ごしたのが、このゴロダの丘の近くにあったそうです。
今年は地元の小学生も参加してオブジェを作成したとのことで、開催初日は参加した子どもたちとそのご家族が来場し、雪あかりの路を楽しんでいました。
初日は気温が高く、アイスキャンドルが溶け始めていましたが、そのためか、例年よりもキラキラと輝いているように見えました。
(写真・文:眞柄 利香)

Comments are closed.