小樽雪あかりの路24は、2022年2月5日(土)〜2022年2月12日の日程で開催します。※正し新型コロナウイルスの感染状況等を踏まえた上、最終的な開催可否の判断をさせていただきます。

「第23回小樽雪あかりの路 第1回実行委員会」を開催しました

 12月24日、小樽市役所消防庁舎6階講堂にて、「第23回小樽雪あかりの路」実行委員会を開催しました。冒頭、西條実行委員長より挨拶があり「さっぽろ雪まつりは事実上の中止となったが、現在小樽市は北海道における新型コロナウイルスの警戒ステージは3であり、イベントの開催においても「新北海道スタイル」をはじめとする対策を実践し、感染対策と経済活動の両立を図るため開催に向けるものであること」、「今後も国や道の動向を注視し、警戒ステージが上がる様なことがあれば、イベントの実施自体も再検討するが、現状は開催できる想定で準備を進めていく。保健所の助言も受けながら作成した感染対策マニュアルに基づき感染者対策には万全を期したい」と述べました。
また、実行委員長挨拶の後、小樽市小山副市長からは、「感染対策を徹底して実施いただいたうえ、開催に向け市としても実行委員会としっかり連携してまいりたい」との挨拶をいただきました。
 その後、近藤検討委員長ほか、各部会長より開催内容の説明があり、全ての議案が承認されました。

 これを持ちまして、「第23回小樽雪あかりの路」は
令和3年2月12日(金)~14日(日)に開催することを決定しました。
(本来開催予定を含めた2月6日~14日の期間は別途、市内にあかりを広げるため
 のろうそく無料配布などのキャンペーンを行います)

実行委員長挨拶

実行委員長挨拶

小山副市長挨拶

小山副市長挨拶

Comments are closed.