小樽雪あかりの路23は、小樽市内の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、予定していた全てのイベントを中止することといたしました。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

「第23回小樽雪あかりの路」のポスターを発表しました

06
 12月24日、小樽市役所消防庁舎講堂にて、第1回の実行委員会終了後、「第23回小樽雪あかりの路」のポスターを発表しました。
 例年に続き、今回もポスターに使用するキャッチコピーを一般公募し、前回を大きく上回る、234人460件の応募があり(前回91人175件)注目の高さを感じました。

 厳選な選考のうえ、
・岩見沢市在住の安藤真由さんの「今年も灯る」(運河面)と、
・青森県在住の小林さんの「きっと特別な灯になる」(各会場面)
の2作品を採用しました。

 今回は受賞したお二人とも小樽市外の方であったことや新型コロナウイルスの状況から、受賞式は執り行いませんでしたが、「コロナ禍で大変な状況ではありますが、今回で23回目となる歴史あるイベントに、今年も温かなあかりが灯ってほしいという願いを込めて」(安藤さん)
「雪と灯をイメージし、特別な日になる様、灯と日を掛け合わせて考えました」(小林さん)と、それぞれのキャッチコピーへの思いを事前にお聞きし、コメントとして発表させていただきました。
 ポスターはJR小樽駅ほか、主要駅、市内外の宿泊施設や市内町内会、幼稚園などに今後配布される予定です。

東洋水産㈱ 様

東洋水産㈱ 様

Comments are closed.