小樽雪あかりの路22は、2020年2月9日(日)〜16日(日)の日程で開催いたしました。ご来場いただきましてありがとうございました。

お知らせ

地上のホシサガシ13の当選者が決定しました!!

多数の応募者の中から、みごと当選された方は以下のとおりです。

おめでとうございます!

※個人情報保護のため、氏名はイニシャル(姓・名の順)で表示しています。
※個人情報は賞品の発送にのみ使用します。
※住所・イニシャル表示のない当選者(ほか29名)につきましては、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

《雪あかり賞》小樽の特産品など(30本)
東京都のM・Nさん他29名

017

小樽雪あかりの路22は、本日(16日)最終日です。

小樽雪あかりの路22は、本日(16日)最終日です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

ほくでん

連日の暖気により、積み上げていた氷が融けて倒れてしまいました。
復旧作業に伴い、本日(2月13日(木))はキャンドルの点灯を中止いたしますが、2月14日(金)より再開いたします。ぜひお立ち寄りください。

さくら幼稚園

本日、2月13日(木)と明日2月14日(金)に開催を予定しておりました、さくら幼稚園での「あかりの路会場」につきましては、暖気による雪の状況により、両日共に開催を中止することといたしました。ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

天狗山会場点灯再開のお知らせ

昨日点灯を中止しておりました、準メーン会場の「天狗山会場」につきましては、ロープウェイの安全点検が終了いたしましたので、本日2月10日(月)より、ろうそくの点灯を再開いたします。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

小樽雪あかりの路22が開幕いたしました。

3269926E-88F9-4F80-90E5-19954F826F9A
本日17時、小樽雪あかりの路22が、開幕いたしました。
16日(日)まて、17時〜21時の4時間、小樽の街が、優しいろうそくの灯りに包まれます。

皆様のお越しをお待ちしております。

天狗山会場中止のお知らせ

準メーン会場であります、「天狗山会場」ですが、ロープウェイの故障のため、本日2月9日(日)開催予定の山麓イベント及びろうそく点灯につきましては全て中止となります。
なお、明日以降の点灯につきましても現在未定のため、決定しだい改めてご周知させていただきます。
ご理解とご協力のほどをお願い申し上げます。

「小樽雪あかりの路」は、みなさまの支援で成り立っています

 ボランティアを中心に運営している「小樽雪あかりの路」では、会場の造成、道具の補充、ろうそくの費用など、さまざまな費用がかかります。実行委員会では経費節減に取り組んでいますが、厳しい運営を迫られています。
 そこで、皆様からの「雪あかり感動支援募金」を募集しております。
 金額は問いません。ちょっとした感動、共感、故郷への思い、エールをお寄せください。
 期間中、運河「浅草橋街園」や手宮線「色内駅」を含む市内各所にある募金箱に入れていただくか、下記の口座にお振込いただけると幸です。
 何卒よろしくお願い申し上げます。
     
 北洋銀行小樽中央支店「普通」3594886
 北海道銀行小樽市店「普通」1091580
 北陸銀行小樽支店「普通」4332200
 北海道信用金庫小樽支店「普通」1099553

 口座名義 小樽雪あかりの路実行委員会 実行委員長 西條文雪

㈱ユニクロ小樽店、第一ゴム㈱、東洋水産㈱からの寄贈について

 このたび、「小樽雪あかりの路」ボランティアの方へ、「㈱ユニクロ小樽店」様、「第一ゴム㈱」様、「東洋水産㈱北海道事業部北海道支店」様の3社よりそれぞれ御寄贈をいただきました。
 1月28日(火)市立文学館・美術館研修室にての前段に贈呈式が執り行われ、㈱ユニクロ小樽店様からは、店長であります、原田 知佳(はらだ ちか)様より「ダウンベスト50着」、第一ゴム㈱様からは、代表取締役社長であります、浜村 稔(はまむら みのる)様より、「ゴム長靴20足」、東洋水産㈱北海道事業部北海道支店様からは、次長であります戸沼 雅博(とぬま まさひろ)様より「カップ麵240個とソーセージ500ピース」が西條実行委員長へそれぞれ渡されました。
「小樽雪あかりの路の開催まであと2週間を切りました。このたびの御寄贈は、ボランティアメンバーの活動の励みとなります。御支援に大変感謝申し上げます。

㈱ユニクロ 小樽店様

㈱ユニクロ 小樽店様

第一ゴム㈱ 様

第一ゴム㈱ 様

東洋水産㈱ 様

東洋水産㈱ 様

013

「第22回小樽雪あかりの路」のポスターを発表しました。

 12月10日、小樽市公会堂で「第22回小樽雪あかりの路」のポスターを発表しました。今回もポスター等に使用するキャッチコピーを一般公募し、91人175件の応募の中から、厳選な協議の上、池永一宏さんの「眺めるほどに あたたかい」と佐々木健人さん(写真左)の「ひとつの灯は小さくとも・・・」の2作品を採用しました!
 発表会では、小樽雪あかりの路実行委員会の西條文雪実行委員長(写真右)から佐々木さんに記念品の贈呈などが行われました。キャッチコピーに込めた思いを聞かれた佐々木さんは「1つの灯は小さいが、そのひとつひとつに思いが込められていて、そのたくさんの人の思いが集まって大きなイベントになっている様子をイメージしました。」とコメント。また、出席できなかった池永さんも「雪と灯りが織りなすロマン薫る風物詩の中で、雪あかりの光景を見つめると感じる、人の心とまちの灯の温かさをイメージしました。」とコメントを寄せました。
 ポスターはJR札幌駅のほか主要駅、市内外の宿泊施設や市内町会、幼稚園、学校、旅行代理店などに配布される予定です。
「第22回小樽雪あかりの路」は令和2年2月9日(日)~16日(日)に市内各所で開催します。また、8日(土)には前夜祭を行います。

ps2020

As

Bs

ABs